稽古体系

稽古内容

総本部道場の稽古内容に則り、参加者の目的に応じた指導を行います。

当道場は、2021年4月より稽古を開始している為、現在は全員が初段の稽古を行います。よって、毎回初段の技法を中心に細部に渡る指導を行っていきます。

具体的には、以下のような稽古を行います(稽古例:通常120分)。

  • 準備体操(5分)
  • 重点技法稽古(60分)
  • 身体技法稽古(30分)
  • 会員からの質疑応答に基づく稽古(25分)

稽古方針

武道の稽古を行う方の目的はそれぞれです。よって、個々人の個性を最大限尊重し、伸長することを重視しています。また、自主性を重んじ、無理に稽古を行わせることはありません。

再現性のある論理的・科学的説明と、分かりやすく丁寧な指導を心がけています。